先日、某所において
居合わせた女性が
糖質制限中とのことで
ちょこっと話をきいてみたら、
「約4か月で6~7キロ痩せた」と
おっしゃるので
驚いてしまいました。

最近は、糖質制限している方も
多いようですし、
雑誌などでもよく特集されているし
なんとなく知っている気に
なっていましたけど、
「そんなに体重が減るものなの!」
と気になります。

写真ない記事のサムネイル


グルテンフリーは、主に小麦に
含まれているグルテン(たんぱく質)を
摂取しない食事法のこと。

グルテンに含まれる「グリアジン」という
アミノ酸に過剰反応してしまうと
主に腸にトラブルが発生してしまうので
それを予防するわけです。

なので、ダイエットというよりは
体質改善のために私も実践しています。

でも、痩せたくないわけではないので
(てか、むしろ痩せたい!)
やっぱり気になる糖質制限=糖質オフ。

たとえば、今夏の「Tarzan」
「糖質OFF」の号は、
以下の8つの夏の食べ物を
糖質が多い順に並べよ、という
ページからはじまっていました。

(1)アイスクリーム(100g)
(2)冷やし中華(中華めん120g)
(3)ビール中ジョッキ(300ml)
(4)カレーライス(豚肩肉60g、ご飯200g)
(5)うな重(蒲焼き160g、ご飯250g)
(6)スイカ(400g)
(7)かき氷(シロップ30ml、練乳25ml)
(8)そうめん(2束100g)

tarzan

全問正解ならず。

正解は、
カレーライス、うな重、冷やし中華、そうめん、
かき氷、スイカ、アイスクリーム、生ビール

生ビールが最少だとは思いませんでした。
スイカかな、と。

でもやっぱり、炭水化物は
上位ですね。

そもそも炭水化物は、
糖質と食物繊維の(栄養成分の)合計で
表されているもの。

さらに炭水化物の中の
消化されるもの=糖質
消化されないもの=食物繊維
ということらしいです。

では、なぜ糖質を制限すると
痩せるのでしょうか。

糖質は、消化・吸収されると
血液として全身をめぐります。
この時、血液中の糖質量を示すのが、
「血糖値」です。

血糖値が上昇すると
「インスリン」というホルモンが
分泌されます。

ただし、インスリンは、血糖値を
下げる代わりに、
脂肪をため込み、さらには脂肪の分解を
制御してしまうのです。

インスリンは、血糖から体脂肪を
合成する肥満ホルモンでもあり、
糖質を摂りすぎると
脂肪が増え、太りやすくなる、
というメカニズム。

そうか。
グルテンフリーはお米OKだけれど
食べ過ぎは禁物ですね。
当たり前だけど。

もうちょっと糖質制限について
調べてみようと思います。



つづく(はず)