グルテンフリーをはじめてみて
思っていたよりも多くの食品に、小麦が入っていることを知りました。

驚いたのは、調味料にも小麦が含まれていること。
お醤油、ポン酢、チューブのわさびなんかでも
小麦が入っているものがあるんです。

そこで、私は勝手なルールを決めました。

それは、外食の際には、
調味料は(小麦入っていても)OKとすること。

そうしないと外食できなくなってしまいます。

0715-2

写真は、昨夜お誘いいただいた
プールパーティでのワンシーン。

本文とは関係ありませんが(すみません)
水着ギャルの弾け方が楽しかったのでアップ。

「グルフリばんざーーーーい」って叫んで
プールに飛び込んでいるわけではありませんが(あたりまえ)
なんだか元気が出ませんか?

本題に戻りますが、パーティや食事会など
外食の際は、調味料はOKにしないと
お寿司屋さんもアウトになってしまいます。
(お醤油使わなければいいんだろうけど)

先週、たまたま女子会があり
中目黒の「シェリール カブレ」にて
コース料理をいただきましたが、
調味料OKルールじゃないと
どれもアウトになってしまいそうです。

でも調味料OKルールなら
シマアジのカルパッチョ
サンマのオーロラソース
A5ランクの和牛もいただけます。
image2
シマアジのカルパッチョ

IMG_5857
サンマのオーロラソースと大根
image1-1
オーロラソースは、ケチャップとマヨネーズを混ぜたソース。

IMG_5860
このお肉はA5ランクだそうです。
image1
おいしくいただきました。

ピザ、パスタ、タルトケーキは
残念ながら同席した友人に食べてもらいましたが
実は、たまにちょっとだけ食べちゃうこともあります。

そういうときは、体調に変化があわられるかどうかの
ちょっとした実験ってことで(こじつけ)おさめております。

そして、そういう行為をこっそり
ドーピングと呼んでいます。

なるべくドーピングはしないようにしていますが
ときどきしています。
(本当にときどきですが)

そういえば、数週間前に実家近くの中華料理店で
食事をした後、軽く発疹が出ました。
何が反応したのか、単なる夏バテ的なものだったのか
わかりませんが、グルテンフリー生活を続けていると
体はケミカルなものに(以前に比べて)敏感になったように思います。

先日、ファミレスのランチを食べた際も
赤だしがどうにもケミカルなお味に感じてしまって
一口飲んでそれ以上もう飲めませんでした。

自分の味覚を信じて、というとちょっと大げさですけれど
こういう変化もグルテンフリー生活の産物(大げさ)なのでしょう。