こんにちは。
グルフリへのご訪問
ありがとうございます。

今週の某日、
いちご大福をいただきまして
大福はちょくちょく食べるんですけど
(主にコンビニのw)
いちご大福はとっても久しぶりで
どのくらい久しぶりか
わからないくらい久しぶり。

ころんとした形状もかわいくって
手のひらにのせてあたためたら
ひよこでも生まれるんじゃないかって
くらいのかわいさで

とか思いながらも
早く食べたい気持ちが勝り
バッサリと二つに切ってみました。
D3BD42AE-41BA-449E-AEA0-E6F6BA1D97D0
でででーーーーーーん🍓

だだーーーーーーん🍓🍓
8D16BFC3-2A92-4D1D-B526-6CCA2DF2C955
久しぶりに食べた
いちご大福は
すさまじいおいしさでした。

なにこれ、ってくらい。
4AA3AEA1-816E-4DCB-8417-28290BC1DE49
いちごを大福の中に入れようって
最初に思いついた人
天才だと思うわー

とぶつぶつ呟きながら
ぺろっといただきました。

こちら(↓)
バッサリ切られる前の
かわいいお姿です。
F691C125-A2CB-486F-8F57-C415C2C9D8F0
もっと寄りますか?
B2D7400E-C1F0-4CD9-90FA-5D51DEE3E88C
かわいいなあ〜

で、いちご大福のこと
wikipedeiaさんにお尋ねしてみました。

***
いちご大福(いちごだいふく)は、
昭和後期に考案された和菓子で、
大福餅のうち餡とともに
イチゴの果実が包み込まれたもの。
見出し語の書き方以外に、
イチゴ大福、苺だいふくなど
いくつかの表記がある。



特徴
餡については、赤い小豆餡を使う地域と
白餡を使う地域に大別される。
また、餡を使わずに苺のみを入れるものや、
苺と生クリームを入れるものなどがあり、
多様性に富む。
生鮮食品であるイチゴ果実を使用するため、
冬から春にかけての季節限定商品として
売り出されることが多い。
イチゴから次第に水気が出て
餡が水っぽくなったり、
水気が餅から漏れ出したりしやすいことから、
比較的日持ちが短い。



歴史
比較的近年に登場したにもかかわらず、
発祥を巡っては様々な説が存在し、
全国各地で多くの店が元祖であることを
表明しているが、いずれも定かではない。

「元祖」を名乗る和菓子屋は、
東京都新宿区住吉町
(新住吉町「大角玉屋」(商品名は「いちご豆大福」)、
東京都板橋区「一不二」、
群馬県前橋市「金内屋」、
三重県津市「とらや本家」、
三重県伊賀市「欣榮堂」、
滋賀県大津市「松田常盤堂」など
多数存在するが、昭和後期になって
登場した新しい商品であることは間違いない。

いちご大福の製造法の特許を
保有しているのは「大角玉屋」。
また「一不二」は
実用新案登録164058号を取得している。

1987年のTBS「ザ・ベストテン」で、
司会の黒柳徹子が番組中に
「近頃いちご大福って物が登場したんですが」
と話題にして、
正月のこたつセットで歌い終わった
歌手達に振る舞っている。
***

最後のベストテンエピソードに
笑ってしまいましたが
いちご大福は
昭和の後期に生まれたんですね。

D3BD42AE-41BA-449E-AEA0-E6F6BA1D97D0

誰が考えたかは
この際おいといて、、、

久しぶりに食べた
いちご大福の
おいしさに
ニヤニヤしてしまった私です🍓


ごちそうさまでした〜😍





ご登録いただくと、更新のお知らせがLINEで届きます♪
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  


***

寒い日に
スパイスを「飲んで」あたたまりませんか。
スパイスたっぷり
ドリンカレーです!
403CD739-2897-489A-9DD0-5D002CF83364
商品詳細&ショピングサイトは
こちら(↓)