こんにちは。
グルフリへのご訪問
ありがとうございます。

七夕の日に起こった
アクシデント
によって
右足の小指を骨折してしまい
ギプスをしていましたが
一昨日の金曜日、無事に
ギプスがとれました。
写真ない記事のサムネイル
「ギプスをとって
次は添え木をします」と
外科医の先生に言われ
「添え木って木なんですか?」
ときいてしまったのですが
添え木といっても
木ではありませんで、
(知らなかったのは私だけ?)
固定を補助するプレートで
副木やシーネ とも呼ばれている
ものだそうで、それを患部にあててから
包帯を巻いて固定します。

写真ない記事のサムネイル

今回、ギプスというものを
初めて着けましたが、
外してから添え木に変えて
歩き出した時の不思議な感覚が
なんともいえないふわふわ感でした。

雲の上を歩いているような
歩いてないような
ふわふわ感。

おそらくギプスで固定されていた
足首が解放されて
自由を取り戻した(大げさ)からだと
思うのですが
「うわ、なにこの感覚。
ふわふわで歩いてないみたい」と
看護師さん相手にちょこっと
興奮気味に語ってしまったくらいです。

でもまだ油断は禁物。
コケたり転んだりぶつけたりに
くれぐれも注意しなくてはならず
うっかり者としては
しばらくドキドキです。

看護師さんにも
「外出の際は、必ず松葉杖を
使ってくださいね」とも
言われました。

松葉杖を使っていると
「私はけが人です」のアピールにもなり
周りの人に気づいてもらうためでも
あるということで
しばらくは松葉杖使用になりそうです。

まあ、骨密度も悪くない数値でしたし
骨のくっつき具合も
順調なようなので
引き続き
小魚アーモンドなどを
おやつに食べつつ
骨強化がんばります。

それにしても今回は
最初に行った病院に通い続けずに
紹介状を書いてもらい
別の病院に通ったこと
が、何よりも正解だったと感じています。

病院選びは本当に大事ですね。


というわけで
まだまだ暑い日が
続くようですが
みなさまくれぐれも
ご自愛くださいませ。