こんにちは。
グルフリへのご訪問
ありがとうございます。

昨日は大阪で震度6を超える
大きな地震があり、
今日も京都で震度3くらいの
揺れがあったようで、
被害が最小であることを祈りつつ
日々安心してごはんが食べられる
ことって実は奇跡みたいなこと
なんだなあと、あらためて感じております。

これ以上被害が大きく
なりませんように(祈)。

* * * * * * *

先週、東銀座にある
「古代米」を購入。

この(↓)シンプルなパッケージに
惹かれました。
3723E427-B3AB-4924-B530-BC08A3415FBA
(有)ファーム菅久
古代米
アサムラサキ
200g

0CB1D318-86D0-424B-A132-C51878F1A86D
炊飯目安は、
お米3合に対して
古代米を大さじ1 だそう。

そのくらいの割合で
白米に混ぜて炊いてみたところ、、、

IMG_4741
ムラサキになりました!

お赤飯に似ています。
お店にいらした
製造元の方が言うには、
「古代米を白米に混ぜて
炊いてお酢を混ぜると
ピンク色になる」んだそう。

まだ試していませんが、
ぜひ酢飯にして
ピンクごはんで手巻き寿司したい。

IMG_4742

さて、古代米。

wikipediaさんによると、、、

* * * * *

古代米(こだいまい)とは、
現代において栽培される
イネの品種のうち、
「古代から栽培していた品種」
「古代の野生種の形質を残した品種」
として標榜されるものを
指す言葉である。
農学上の概念ではない。

* * * * *

だそうです。

色が黒いのは、果皮と種皮の部分に
アントシアニンが含まれているから
なんだそう。

アントシアニンといえば
ブルーベリーを思い浮かべますけれど
抗酸化作用が期待でき、
アンチエイジングや眼精疲労にも
いいそうです。

さらに白米に比べて、
ビタミン類、鉄分、
カルシウム、マグネシウムや
亜鉛が多く含まれているんだとか。

そういわれると
もっと割合を高めたくなり、
少し多めに入れて炊いてみました。
90B0666E-453E-4CCE-A5B1-173E05FF0E55
ちょっとムラサキ度が
高くなっているのわかりますか?

古代米、いいな。
しばらく続けてみます。

そうそう、いわて・銀河プラザ
お米の麺も一緒に購入。
C998A09C-0BE0-4944-95F6-7BDFFA115403
このお米の麺
ペペロンチーノにしても
おいしいそうで
近々ぜひ試してみます。


ではでは。